スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に、感動したこと

皆様、今日は暑いですね~。にも関わらず、フジ☆ブロをご覧下さり、心から感謝致します。

本日は皆様に一つ、お話をご紹介致します。私の記憶をたどって書くので、本文と異なる点はご了承下さいませ
とある本の、最初のお話です。実話です。

食肉加工センターのSさんの職場では毎日たくさんの牛が殺され、その肉が市場に卸されています。牛を殺すとき、牛と目が合う。そのたびにSさんは、「いつかこの仕事をやめよう」と思っていました。

ある日の夕方、牛を乗せた軽トラックがセンターにやってきました。しかし、いつまで経っても荷台から牛が降りてきません。Sさんは不思議に思って覗いてみると、10歳くらいの女の子が、牛のお腹をさすりながら何か話し掛けている。その声が聞こえてきた。
「みいちゃん、ごめんねぇ。みいちゃん、ごめんねぇ……」

Sさんは思いました、「見なきゃよかった」

女の子のおじいちゃんがSさんに頭を下げました。
「みいちゃんはこの子と一緒に育てました。だけん、ずっとうちに置いとくつもりでした。ばってん、みいちゃんば売らんと、お正月が来んとです。明日はよろしくお願いします…」 

「もうできん。もうこの仕事はやめよう」
と思ったSさん、明日の仕事を休むことにしました。

家に帰ってから、そのことを小学生の息子に話しました。息子はじっと聞いていいました。
一緒にお風呂に入ったとき、息子は父親に言いました。「やっぱりお父さんがしてやってよ。心の無か人がしたら牛が苦しむけん」

しかしSさんは休むと決めていました。

翌日、学校に行く前に、息子はもう一度言いました。

「お父さん、今日は行かなんよ!(行かないといけないよ)」

Sさんの心は揺れました。そしてしぶしぶ仕事場へと車を走らせます。牛舎に入った坂本さんを見ると、他の牛と同じようにみいちゃんも角を下げて威嚇するポーズをとりました。

「みいちゃん、ごめんよう。みいちゃんが肉にならんとみんなが困るけん。ごめんよう」

と言うと、みいちゃんはSさんに首をこすり付けてきました。殺すとき、動いて急所をはずすと牛は苦しむ。Sさんが、

「じっとしとけよ、じっとしとけよ」

と言うと、みいちゃんは動かなくなりました。 次の瞬間、みいちゃんの目から大きな涙がこぼれ落ちました。 牛の涙をSさんは初めて見たのです。

このお話には「感謝 勇気 感動の章 心を込めて「いただきます」「ごちそうさま」」という題がついていました。
こんなに強く心を打たれた話しは本当に久しぶりだったので、後日母に口頭で紹介したのですが、とっても恥ずかしいことに(笑)話しの途中で泣いてしまいました。
いや~、親の前で泣くなんて、中学校以来じゃないでしょうか。今思い出しても、恥ずかしい~

長くなるのでこのお話しに続く、これまた素晴らしい解説等はちょっと省きます。
ともすると、私はいつも「いただきます」「ごちそうさま」をおろそかにしがちです。子供に対しても。
でも、これを読んでから、自分が本当に何にも解っていない人間なんだ、こういう基本的なことに、日常心を込めて向き合うことを忘れてはいけないのだと、忘れそうになる自分に言い聞かせております。

この本は「日本一心を揺るがす新聞の社説―それは朝日でも毎日でも読売でもなかった 」水谷もりひと著。
皆様はご存知でしょうか?口コミだけで全国に配布される新聞、「みやざき中央新聞」。
この新聞は社説のみで構成されてます。その新聞で取り上げられた話しを載せた本です。
内容の素晴らしさに口コミで全国に広がっているとか。

ここ最近で、一番、感動したこと。…今日のともこのひとりゴト、でした
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。