スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破損・・

雪解けの時に、出てくるご相談がブロックの角の破損

雪山になっていて、見えずに車でブロックを引っ掛けてしまった
左折しようとして、窓から見えず車がブロックに当たってしまった

など、けっこう気をつけててもなってしまうことが多いです

P3041189.jpg


一部分の補修工事ですが、壊れた部分を解体撤去して

今回はコンクリート擁壁だったので、型枠を組んでコンクリートを流し込みます

P4151413.jpg

固まるまで養生を行い、型枠を解体したら完了です

P4231421.jpg

この後は、ブロック塀を気付いてもらえるようにポールを立てて
ブロック塀の存在をアピールします

コンクリートブロックや化粧されているカラーブロックも一部分の補修も可能です

カラーブロックは、年代によっては廃盤になっている商品もありますので、まったく同じものにならない場合もあります

しまった!

と言う場合はご相談くださーい
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。